三重県に住む

三重県に移住したい、就職が決まった、三重県にある学校に通うことになった、転勤で初めて部屋探しをするなどいろいろな理由で三重県に住まなければならない人のために、三重の賃貸情報を話していきたいと思います。その前に三重県とはいったいどんな県なのか、部屋を借りる時のためにも、三重県の特色や地域性や産業、街並みのことを、三重のことがわからない人や初めて住む人のために話しをしていきたいと思います。

賃貸郷に入れば郷に従えという言葉の通り、三重に賃貸で住むことは三重の県民性を分かっておいたほうが良いです。そのほうが大屋さんや不動産屋との交渉や相談をするにしても、あるいは賃貸契約の際にアドバイスを受けることもあるので、参考になるかと思います。三重県人は良く温厚で争いごとを好まないと言われております。ではなぜそのような、県民性になったのかです。

賃貸三重は気候も温暖で農業や漁業に適している土地柄か割と苦労をしなくても、農業や漁業が栄えていったのでそのような、県民性になったのではないかと思います。苦労知らずのサラブレッドといったような感があります。商売っ気がありすぎると、借りようかなと思っていても辟易することがなきにしもあらずですが、三重県人の温厚な人柄ですと、無用なトラブルは避けられるので賃貸交渉などもスムーズに行きそうです。

また、三重の地形や位置も把握していたほうが、賃貸相場を知る上で有利に働きます。三重県の位置は日本列島のほぼ中央にあり、東西約70キロメートル、南北に約170キロメートルの細長い地形が特徴です。県の中央を流れる櫛田川に沿った中央線を境に、北側の内帯地域と南側の外帯地域とに区分されています。内帯地域は山も海もある地域で東側には四日市港がある伊勢湾があり、北西には養老、鈴鹿などの山脈が連なっています。

賃貸外帯地域は東部のリアス式海岸の志摩半島から熊野灘に沿って紀伊半島を形成しています。何となく自分の借りる部屋の地域がおぼろげながら見えてきたことと思います。 三重県は街道沿いに城下町、港町などがそれぞれ発展してきた経緯があり、都市が分散して成立していますので、今でも街道沿いは開けている傾向があります。また、三重は過去の分散した都市がそれぞれ発展したことから、商業都市、工業都市、観光都市、それに伊勢湾に面していますので漁業も盛んだという、いろいろな特色がある県です。賃貸料も発展している都市部やアクセスの良い街道沿いはやはり高い傾向があります。

それぞれの産業で隆盛を誇る三重県ですが、伊勢志摩国立公園は年間1000万人の観光客が訪れ、製造業の1事業所あたりの製造出荷額は全国一です。様々な特色のある三重県ですが、賃貸物件のニーズも高まり好物件の在庫が数多くありますので、都市部及びその近郊では住んでみたい部屋がきっと見つけられると思います。

ページの先頭へ